施工例紹介

NEW

介護保険でお得にバスルームをリフォーム

お父様が安心して入れるバスルームになりました

O様邸の娘様から、お父様が認知症とのことでこれからのことも考えバスルームリフォームのご依頼がありました。

「介護保険を使ってバスルームのリフォームをしたいのですが、できますか?」とご質問があり、

「もちろんできますよ。」とお答えさせて頂きました。

お悩みは、バスルームの段差解消。

浴槽のエプロンの高さが高く、さらに浴槽が深いため、浴槽に足を入れるときの落ち込みが大きく、体が不安定になるのを解消する工事を提案させていただきました。

 

介護保険申請に伴う資料収集についてご紹介させて頂きます。

①居宅介護・介護予防住宅改修費支給申請用紙記入

②バスルームの改修工事、住宅図面収集

③バスルームの見積書(段差解消に伴う工事見積もわかりやすく提出)

④段差解消工事、手すり取付工事などの工事に必要な改善前の写真撮影

⑤資料の準備

介護保険利用のため、ケアマネージャー様と打合せしながら、すすめていきました。

バスルームのリフォームはどうしても工事期間がかかる為、お父様の介護度もすすんだりしないかなども考慮し、スムーズに申請ができるよう心掛けてさせていただきました。

 

  • AFTER
    在来工法から、すっきりしたユニットバスにリフォーム。
    バスルームに入口の段差解消と浴槽に入る際のまたぎも低くなり、入浴しやすくなったと喜んで頂けました。
    パナソニックの「オフローラ」採用。浴槽・床・水栓・カウンターは汚れにくいスゴピカ素材なので、お掃除もとても楽になります。
    BEFORE
    在来工法の浴室からユニットバスへリフォーム 

    段差があり、タイルで寒く滑りやすく、またぎも不安定でした。
  • AFTER
    窓もカバー工法なので、断熱効果も高まり、冬も暖かいです。明るい清潔感あるバスルームになりました。
    BEFORE
    窓もリフォームしたいとの事でしたので、カバー工法で明るく広めの窓にさせて頂きました。
ページトップへ戻る