ハマダヤ通信

NO.5『私だけの隠れ家スペース  ・ 寒さ解決 窓リフォーム』

自分だけの隠れ家

こちらをクリック

窓リフォーム

詳細はこちらをクリック

NO.4『在宅避難ができる住まい ・ リフォーム相談会イベントのご案内』

災害時にも安心な家

リフォームイベント

NO.3『家庭でできる省エネHOW TO ・ 新商品バスルームご紹介』

家庭でできる省エネ対策

ビバス

 

NO.2『ストレスをためない家事ラクのコツ ・ トイレ空間を快適に』

家事ラクのコツ

家事ラク

アラウーノ

⇒施工事例

 

NO.1『我が家もできるサスティナブル ・ こどもみらい住宅支援補助金ご案内』

わが家もできるSDGS

こどもみらい住宅支援事業

 

おうちで趣味をおもいきり楽しむ!!

一人時間を楽しむ住まい

詳しくは、こちらから

フレームシェルフ

室内窓

防湿遮音シート

一人の時間も楽しむ住まい

マイスペース

『DEN』

den=「鳥の巣」「ほら穴」「小さな空間」を意味する英語。

家の間取り図では、和室・洋室・居間など「居室」として扱う空間には、床面積、天井高、出入口や窓の大きさなどの条件があり、満さない場合は「納戸」として扱われます。しかし、収納だけではもったいない、ひとつの空間として活用されるようになり、「納戸」から「DEN」と呼ばれるようになりました。

■小さくても落ち着く、自分だけの空間

コロナ禍により在宅ワークというスタイルがすっかり定着してきた昨今。

仕事に集中できる環境も必要ですが、たまには趣味に没頭したり静かに音楽を聴いたり、一人でくつろぎたいと思うことはありませんか?

海外では「夫の部屋」「妻の部屋」などパーソナルスペースが設けられるケースが多いようですが、日本の間取りではなかなか独立した部屋として確保できない場合もあります。

そこで注目されているのが、小さなプライベート空間「DEN」です。書斎のようなしっかりとした居室ではなく、アイデア次第で用途が広がる多目的空間が人気です。

こぢんまりとした小さな空間には、守られているような落ち着きを感じる効果があると心理学的にもいわれているようです。

 

暮らしに合わせてフレキシブルに変化

ライフスタイルの変化に応じて対応しやすいこともDENの大きなメリット。

例えば、子どもが小さいうちは遊び部屋や勉強部屋として利用することも可能ですし、巣立った後は自分たちの書斎やワークルーム、趣味の空間として活かすこともできます。

隙間空間やデッドスペースを活用する策としてDENを検討するご家庭も多いようですが、最近では間取りを考える際に意図的にDENを設けるご家庭も増えているようです。

パナソニックでも「PLUS ONE SPACE」という考え方を推奨しており、動く壁(スクリーンウォール)や、仕切り窓で間仕切りしたり、収納部屋の一部にカウンターや棚(アイシェルフ)をつけてワークスペースにしたり・・・アイデアと工夫しだいでパーソナルな空間づくりができますよ。

 

⇒詳しくはこちらから

スクリーンウォール

仕切り窓

インテリアカウンター

アイシェルフ

ページトップへ戻る