風邪とインフルエンザの違い

寒さが増して空気が乾燥する季節になると、気になるのがインフルエンザ。
日本では毎年11~12月頃に流行が始まり、1~3月がピークと言われています。
インフルエンザの症状は風邪とよく似ているので、違いを確認してみましょう。

風邪
 様々なウイルスや細菌が原因。鼻水や咳、くしゃみ、のどの痛みなど、
上気道(鼻から喉のあたり)の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。
発熱も37度程度とさほど高くなく、比較的ゆるやかに発症します。

インフルエンザ
 インフルエンザウイルスが原因で、風邪の上気道症状に加え、
関節や筋肉の痛み、倦怠感といった全身症状が強くみられ、
38~40度の高熱が出るのが特徴。しかも、急激に発症する傾向があります。
 これらの症状があるときはインフルエンザの疑いがあるので、
すぐに医療機関で診療を受けることをおすすめします。

〈インフルエンザの予防法〉
●流行前のワクチン接種
 接種後、効果発揮まで約2週間。効果は約5ヵ月
●適度な湿度保持
 室内の湿度を50~60%に保ちましょう
●十分な休養・バランスのとれた食事
 抵抗力を高めましょう
●外出時はマスクを着用し、帰宅後はうがい・手洗いを!


家族の健康に換気が大切です

設置してよかった~2台目の洗面台

ページトップへ戻る